自力で引越しする場合に考えるべきこと

最近の引越しでは引越し業者に依頼することが当たり前になってきていますが、もっとも引越しのコストを安くするためには引越し業者を頼まない全て自分たちで実行する自力引越しです。

 

ただし、自力引越しには考えなければならないこともあります。

 

 

まずは、自力引越しは引越し業者に依頼するよりも時間がかかってしまうことです。

 

専門的な道具もありませんし、慣れないことをするのですから、時間は多めに取らなくてはなりません。

 

 

それに、自力引越しでは家族のほかに人手が必要なことがあります。

 

家族だけで済ませることもできるかもしれませんが、大きな荷物が多いような場合には人手があったほうが合理的ですし、事故なども起こりにくくなります。

 

引越しの荷解きのコツ

引越し作業を自力で行う場合、梱包にはちょっとしたコツが必要です。

 

ただ荷物をまとめれば良いというものでは決してなく、後で荷解きするときのことを考えて作業するのがポイントです。

 

 

たとえば荷解きで困るのはどの荷物がどこの段ボール箱、あるいは袋に入っているかが分からないことです。

 

ですのでなかなか目当てのものを見つけられず、ムダに時間がかかってしまいます。

 

 

そこで段ボール箱や袋等の表面に、中に入っているものの名前を書くと効果的です。

 

中身を書いておけば一目で収納物が分かるため、荷解きの作業もスムーズに進むというメリットが生まれます。

 

 

またすぐに使うものは一つの箱にまとめて入れておくと大変便利です。

 

このように荷解きに困ることは何かを考慮に入れると、引越しはうまく行くと言えます。

 

 

引越しやることガイド

更新履歴